【6月18日東京会場参加者感想】
☆井戸先生のリズムとテンポを体得する学生さんの練習と呑み込みの速さに圧倒されました。体育系の部活動っぽいです。と
 ても楽しいです。1分間だからやってみよう、1分間がとても大事と思えます。あの会場を見渡す力をつけたいとおもいま
 した。
☆会場の熱気、英会話に対する皆さんの熱い想いを感じたセミナーでした。井戸先生の学級の活動量、そして発話量の多さ、
 驚愕しました。一分間模擬授業の公表の際に、井戸先生がおっしゃっていた、①とことん褒める②笑顔③やんちゃ④明るく
 英会話の授業をしたいなと思いました。そして、4文6文とつなげていくことを意識して、単元の終わりにどれくらいまで会
 話ができるようになっていたいか考えて授業づくりをします。
☆加藤先生のディベートはいつ見ても憧れます。討論の授業に憧れをもっていますが、英語で討論することにも挑戦してみた
 いと思いました。
☆小林智子先生が英会話の普及にご尽力されているお姿がとても感銘を受けました。ALTとの関わりなど私も
 共感することが多々ありました。あと、Howmany~の授業はとても楽しかったです。実行したいです。
☆佐藤泰弘先生の講座の中で、「まずは英語を聞くことに集中して」というお話が印象に残りました。子どもたちだけでな
 く、私たち教師自身も英語脳、英語耳を養っていかなければならないと感じました。
☆谷和樹先生の論文のあり方がとても勉強になりました。今日の講座のように、しっかりとした論文の型を身につけ、英語実
 践を論文として残したいです。

☆向山洋一先生のお話はぐっと心に染みました。車いすのお話から、日本は文化を広めやすい国であること、英語教育は諸外
 国から大きく遅れをとっていること、痛感しました。私自身も、英会話について学び、多くの実践を行い、今日のようなセ
 ミナーで、審査してもらうことで、日々英語力を高めていきたいです。
☆向山洋一先生の『TОSS最前線』の中でのお話がいまだに心に残っています。
 「完璧にやろうとすると,嫌いになる。そうじゃなくていい。」 
 「韓国,中国のどの子とも,同じぐらいの英語力があるようになってほしい。」 
 「保護者,地域にも広めてほしい。」 
  すべて,私たち教師の心がけしだいであり,実現可能だと思いました。 本日の講師の先生方の分厚すぎる資料。1分間模
 擬授業や論文審査,英語力上達法の資料を読み直し,さらに実践に広がりを持たせることができるように精進します。 参加
 者の皆様からはたくさんの笑顔と力強い声をいただき,チャレンジする大切さを学べました。